車線が減少するところでは早めに車線変更を

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる9月6日午前3時半ごろ、滋賀県栗東市の名神高速道路の栗東インターチェンジの出口付近で、乗用車が大型トラックやタンクローリーに衝突し、乗用車に乗っていた男性2人が車外に放り出され、死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、高速道路の出口付近の3車線から2車線に変わる途中部分で、乗用車は減少対象となる第1車線を走行しており、第2車線へ車線変更した際に前走していた大型トラックに追突し、第3車線側へ逸脱したところに大型トレーラーに追突されたものです。

 

 高速道路では、3車線から2車線に車線が減少する区間がよくあります。

 そういう区間では、かなり手前から車線が減少する案内が表示されていますので、案内を見つけたら早めに車線変更をしておく必要があります。

 

 車線が減少するギリギリの所で車線変更しようとすると、変更する車線に車がいると、入るタイミングがなくなってしまい、本当に危険なタイミングで入らざるをえないときがあるからです。

 

 ギリギリのタイミングで入ると、事故になるリスクが高くなることは言うまでもありません。

 

(シンク出版株式会社 2017.9.12更新)

■2018年版 トラック・バス運行管理者手帳を発売

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月26日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。