人身事故を起こしたら絶対に逃げない

 

 さる9月4日午前7時半前、秋田県鹿角市の高校前の横断歩道を渡っていた女子生徒が、右からきた乗用車にはねられ軽いけがをする事故がありました。

 

 事故の直後、乗用車を運転していた男性が車から降りて女子生徒に「大丈夫ですか」と声をかけたのですが、警察に通報することなく走り去ったため、警察では「ひき逃げ」事件として捜査をしているということです。

 

 交通事故を起こしたときには、負傷者を救護し警察に報告することが義務づけられており、この措置を怠れば「救護義務違反」となります。

 救護義務違反となれば、違反点数「35点」が付加され、運転免許も一発で取消しとなり、最低3年間は運転免許が取得できません。

 

 もし逃げていなければ、女子生徒の負傷も軽いものでしたし、こんなに重い処分にならずにすんだのではないかと思います。

 

 人身事故を起こしたときには、相手のケガが大したことはないと思っても絶対に立ち去ったりしないで、警察に通報してください。通報を怠ると「ひき逃げ」と判断されてしまいます。

 

(シンク出版株式会社 2017.9.25更新)

■2018年版 トラック・バス運行管理者手帳を発売

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

【詳しくはこちら】   

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月17日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。