渋滞から発進するときは安全確認を

 さる9月21日午後3時頃、大阪市内で渋滞中に交差点内で停止していた大型ダンプが発進する際、車の前にいた車いすの高齢女性(92歳)に気づかないまま車を動かし、女性を死亡させる事故が発生しました。

 

 現場はスクランブル交差点で、交通集中により発生した渋滞のため大型ダンプが交差点で停止している間に信号が変わり、車いすの女性は横断歩道を横断し始めていたのです。

 ところが、前の車が動いたのにつられてダンプの運転者はそれに従うように漫然と発進してしまい、車いすと衝突しました。

 

 普段、発進するときには前方を確認する運転者でも、こうしたタイミングでは確認を忘れて漫然と車を動かしてしまいがちです。

 通常は大型車からでも横断歩行者の姿は見えますが、車いすの人や背の低い子どもなどの場合は、運転席から死角になってアンダーミラーなどを見ないと見落とすことが少なくありません。

 

 どんな状況でも、車を動かすときは死角の確認をする習慣をつけることが重要です。

 

  大型車に限らず、少し車高の高いワゴン車などでも車の直前にいる歩行者を見落とす危険がありますので、注意しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.10.2更新)

■2018年版 トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

【詳しくはこちら】   

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月17日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。