右折合流するときは左からくるバイクに注意

 ガソリンスタンドや駐車場などから、反対側の道路に出ようと右折して行くことがあります。

 

 そのとき、手前の車線を右から来る車には、十分には注意するのですが、反対側車線の左から来る車を無視したり見落としがちになりますので注意が必要です。

 

 道路外施設から右折合流するときには、道路を横断する形になりますから、左右両方の車線から車が来ていないかを確認する必要があります。

 

 しかし、両方の車線の車の流れがなかなか途切れないことがよくありイライラすることがあります。

 

 そういうときには、手前の車線の車の流れが切れると、反対側車線から車が来ていてもギリギリ行けると判断して強引に合流してヒヤッとすることがあります。

 

 とくに、左側からくる車が車体に小さなバイクの場合には、実際にいる位置よりも遠くに見えたりしますので、事故のリスクが一段と高くなります。

 

 道路外から反対車線に出ていくときには、左から来るバイク等に十分注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2017.10.3更新)

■2018年版 トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

【詳しくはこちら】  

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月18日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。