高速道路での停止・口論は死に結びつく!

 皆さんは高速道路を走行しているとき、路肩や走行車線の脇の方で事故のため停止している車両を見かけたことがありませんか?

 

 多くは軽い追突などのため事故処理を話し合っているように見えますが、これはとても危険な行為です。

 

 高速道路の本線でトラブルが発生しても、移動できる場合は絶対にその場で停止しないように。路肩も危険です。

 

 後続車のなかに脇見運転や居眠運転の車がいる可能性を意識し、「こんな場所で停止していたら命を失う」と相手を説得して、トラブルや事故の相談はサービスエリアなど安全な場所に移動してからにしてください。

 

 さる6月に東名高速道路で大型トラックが乗用車に追突し2名が死亡した事故は、口論トラブルによる本線上での停止に原因があるとして、追突された車を無理に停止させた車のドライバーが過失致死傷罪で警察に逮捕され、ニュースとなっていました。

 非難されたのにカッとして高速道路を追いかけたということですが、このようなドライバーに遭遇しても決して本線上で停止することはせずに、何とか逃がれるようにしましょう。

 

 この事故で追突したトラックドライバーは居眠りも脇見もしていなかったのですが、夜間の追越車線上でハザードランプもつけずに停止していたので、気づいたときには避けきれなかったということです。

 後続車を巻き込まないためにも、絶対に高速道路では停止しないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2017.10.13更新)

■新年度版 トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中!

 「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

 2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。