大型車に追従するときは車間距離をとっておく

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 最近、大きく報道され話題になっていますので皆さんも関心があると思いますが、東名高速で無理やり停止させられたワゴン車が後続のトラックに追突された事故では、大型トラックがワゴン車に追突する直前まで、別のトラックが大型トラックの前を走っていたということがわかりました。 

 

 警察では、前車のため大型トラックが停止しているワゴン車に気づくのが遅れて、追突したのではないかとみています。 

 

 トラックなどの後ろを走行していると、車体後部が死角となって前方の様子がわからないことがよくあります。

 

 そのため、前のトラックが車線変更して前方の視界が急に開けると、前に落下物が落ちていたといったことがあります。

 

 そのとき、スピードがあまり出ていない一般道路なら何とか避けられるのですが、スピードが出ている高速道路などでは発見したときには間に合わないことが少なくありません。

 

 トラックなどの前方の視界が遮られる大型車に追従するときは、車間距離を十分にとっておくことはもちろんですが、トラックが急に車線変更したときには、前方に異変があると考えてスピードを落とすなど、慎重に対処しましょう。

(シンク出版株式会社 2017.10.18更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」は今年も9月に発売を開始後、大変好評を博しています。お申込みはお早めに!

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

 

【詳しくはこちら】 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。