車を誘導するときは進路上に立たない

 さる10月13日午前11時10分ごろ、埼玉県所沢市の自宅前の道路で車を誘導していた妻が、夫の運転する乗用車にはねられ死亡する事故がありました。

 

 事故現場は、夫婦の自宅前の幅員約4・1mの路上で、夫は自宅敷地内の車庫にバックで車を入れようとしており、妻は車の後方で誘導していたものです。夫は「アクセルを踏み過ぎてしまった」と話しているということです。 

 

 車を誘導するときは、バックに限らず前進するときでも、車の進路上に立たないことが鉄則です。

 

 それは、運転者が微妙なアクセルワークを間違えると、車をコンロトールできずに誘導者と接触する危険があるからです。

 

 とくに最近では、ブレーキとアクセルを間違える事故が多発しており、車の進路上に立っていると、車が急に発進してきて轢かれる危険性が高くなっています。

 

 車を誘導するときは、絶対に車の進路上に立たないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2017.10.19更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」は今年も9月に発売を開始後、大変好評を博しています。お申込みはお早めに!

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

 

【詳しくはこちら】 

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月17日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。