直線路で油断しての「ながらスマホ」に注意

 スマートフォンなどを見ながら運転する「画面注視」が原因で起こった人身事故の現場は、半数以上が直線路だったことが警察庁のまとめでわかったとニュース報道されました。

 

 過去約10年間にスマホや携帯電話、カーナビなどの画面注視が原因で発生した事故6,019件のうち55%が直線路で発生しているということです。人身事故全体に占める直線路事故の割合は38%ですから、これを大きく上回っています。なお、交差点での発生は15%でした。

 

 見通しがよくハンドル操作が少ない状況が、ドライバーの油断を誘発するとみられています。

 

 画面注視による人身事故は2016年は928件発生し、2011年の2倍以上と増加して死亡事故は17件でした。今年は9月末までに人身事故731件が発生し、死亡事故は既に15件とさらにハイペースで発生しています。

 

 見通しのよい直線路で油断し、運転中にスマホなどを操作したり画面を注視することは絶対にしないでください。

(シンク出版株式会社 2017.11.1更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。