野生動物の飛出しを警戒しておこう

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 最近、走行中の車が飛び出してきた動物と衝突する事故が目につきます。

 

 さる11月3日の午後6時55分ごろ、岩手県北上市の東北自動車道で、走行中の乗用車が飛び出して来た鹿をはねて停止し、後続車4台が絡む事故がありました。

 

 走行中に急に鹿などの動物が飛び出してくると、衝突を避けるのは難しいときもあると思いますので、野生動物が飛び出してきそうな場所を走行しているときには最大限の警戒をしておかなければなりません。

 

 たとえば、夜間に山間部を走行しているときには、「動物注意の警戒標識」に注意し、スピードを落として走行するとともに、動物の目はライトに照らされると光るので、対向車がいないときには、上向きにしておけば発見しやすくなります。

 

 そして、野生動物に遭遇したときには、急ハンドルで避けようとしないで、まずはブレーキを踏んでください。ブレーキで回避できない場合は、よほどの大型動物でない限りまっすぐ衝突するしかありません。

 

 ブレーキでスピードを落とせば落とすほど、衝突しても被害は小さくなります。

 

(シンク出版株式会社 2017.10.26更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。