最高速度110キロの試行が始まりました

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません

 11月1日から新東名高速道路の新静岡IC―森掛川ICの上下線約50キロについて、最高速度を110キロに引き上げる試行期間が始まりました。

 12月1日からは、東北自動車道の花巻南IC―盛岡南ICの上下線約27キロで、同様の試みが始まります。

 

 今後、最低でも1年間は試行を続けて、事故の発生状況などを分析し、120キロへの引き上げや対象区間の拡大が検討される予定になっています。

 

 1963年に高速道路が開通して以来、100キロだった最高速度が引き上げられるのは初めてのことですが、すべての車が対象になるわけではありません。

 

 対象となるのは、現行の最高速度が100キロとなっている普通自動車やバスなどだけで、トラックなど大型貨物車の最高速度は現行の80キロに据え置かれますので注意してください。

 

 また、最高速度が上がると車両ごとのスピード差が大きくなりますので、遅い車はいつまでも追越車線を走行しないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.11.10更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。