強い眠気を感じたらすぐに仮眠を

 皆さんの記憶にも新しいと思いますが、さる8月25日午後5時ごろ、徳島県鳴門市の徳島自動車道の路肩に止まっていたマイクロバスに大型トラックが追突し、車外に出ていたバス運転者と車内にいた高校生を死亡させた事故がありました。

 

 11月9日に開かれた初公判で検察は、トラックの運転者は「まぶたを閉じそうになるほどの眠気に襲われていた」が運転を継続し、事故現場に至るまでに途中のサービスエリアなど4か所で休憩を取ることができたと指摘しました。

 

 以前、話を聞いた長距離ドライバーは「眠気に襲われ一瞬意識が飛ぶことがあるが、それでも1回目は何とか我慢して運転しているが、2回目になるとさすがに運転するのは限界だと思い、仮眠をとるようにしている」という話していました。

 

 事故を起こしたドライバーも、強い眠気を催した時点でどこかのサービスエリアで休憩を取っていたら、この事故はなかったのではないかと思います

 

 強い眠気に襲われたときには、人間の意思で眠気をコントロールすることは不可能です。すぐに仮眠を取るようにしてください。

(シンク出版株式会社 2017.11.15更新)

■2018年版「トラック・バス運行管理者手帳」 好評発売中!

2018年版「トラック運行管理者手帳」、「バス運行管理者手帳」を好評発売中です(トラック手帳は在庫僅かです。追刷予定中です)。

 

両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録しています。

 

2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月21日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。