道路舗装が変わる場所では油断しない

 最近、新しく開通した高速道路やバイパスを走行していると、雨の日でも反射が少なく、明るくて走りやすく感じます。路面の水たまりができないので水しぶきもあまり出ません。

 

 これは、排水性が高くしかも明るい色の新しい舗装素材が開発されているからです。

 

 新しい舗装技術の活用で雨の夜も路面全体が明るく、スリップ事故などが起こりにくい摩擦力の高い路面となっていますが、以前からある道路とつながった部分では急に一般の舗装路面状態に戻ることがあります。

 

 快調に走行していても、路面の変わり目以降では、急に前車の水しぶきが増えたり、路面が暗くラインも見えにくくなったりします。速度を出しているとスリップも起こりやすくなります。

 

 路面が変わったと感じたら、少し車間距離をとって速度をセーブするなど道路条件に応じた運転をするように心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2017.11.24更新)

■トラックドライバー教育の必携書「安全運転ハンドブック」を改訂

本ハンドブックは物流技術研究会で培われてきた安全運転のノウハウやトラックドライバーとして必要な知識を、国土交通省告示の「指導・監督の指針」に基づいて(危険物を運搬する場合に留意すべき事項を除く)、イラストや図解を中心にまとめています。

 

本改訂版では平成29年3月に改正された「指導・監督の指針」に対応し、「運転支援装置の役割を正しく知る」を新たに加えました。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。