トンネル内の車線変更は慎重に

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる11月17日午前11時5分ごろ、兵庫県神戸市の阪神高速道路のトンネル内を走行していた大型バスが車線変更しようとしたところ、バイクと接触して乗っていた男性を死亡させる事故がありました。

 

 このコーナーで何度も取り上げていますが、高速道路のトンネル内は事故が多発しており、車を運転する場合にはもっとも注意をしなければならない場所となっています。

 

 その大きな原因の一つは、昼間のトンネルは暗くて視界が悪く、他車の動向が把握しにくいということです。

 

 そのため、今回の事故のように車線変更をしようとしたとき、サイドミラーで見ても後続車を見落としたりすることがあります。

 

 とくに、ヘッドライトを点灯していない車や黒っぽい車、二輪車などの小さい車は見落としがちになります。明るい昼間に暗いトンネルに入ると、運転する人の目が順応せず、他車を見落としやすくなります。

 

 トンネル内では、極力車線変更をしないようにし、万一車線変更をするときには、徹底した安全確認をするなど慎重な運転を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2017.11.30更新)

■安全管理の法律問題を弁護士が解説した小冊子

 事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故における事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。