バックする前には降りて確認を

 駐車場などでバックする時、車の後方を確認してから運転操作をしていますか?ミラーに何も映っていなくても、まさかということがあります。

 

 さる11月28日、徳島県松茂町のコンビニエンスストアの駐車場で、道路舗装会社の従業員が運転するトラックがバックした際、車の後ろにしゃがみこんでいた同僚の男性(25歳)をひいてしまい、男性はその場で死亡しました。

 

 バックしたときトラックの警報音は鳴っていましたが、男性は携帯電話で通話していたため警報音が聞こえなかったようです。運転者は同僚の存在には気づいていませんでした。

 

 会社や商業施設の駐車場などでは、車の後ろに障害物はないと思い込んで軽い気持ちでバックしてしまいがちですが、背の低い子どもがいたり、大人でも事例のように何らかの理由で低い姿勢になっている人がいるかもしれません。

 また、後退警報音が鳴ったからといって、すべての人が気づくとは限りません。

 

 面倒だと感じるでしょうが、車から降りて必ず自分の目で後方を確認してからバックしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2017.12.6更新)

■車両管理、運転者管理におけるリスク対策に最適の小冊子

 事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故・トラブルにおける事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。