スタッドレスタイヤは万能ではない

 冬道を走行するときにはスタッドレスタイヤは欠かせませんが、スタッドレスタイヤを履いていれば、どんな冬道でも大丈夫だと過信している人が少なくありません。

 

 スタッドレスタイヤでも、凍結した路面など道路条件によってはスリップしたり、登り坂などでは発進できない場合があり、過信は禁物です。

 

 JAF(日本自動車連盟)では、スタッドレスタイヤを履いて圧雪路の上り坂を登坂する実験を行っています。

 

 これによりますと、平坦路から発進した場合、勾配が12%の上り坂(100mに対し12m上る)と20%(同20m上る)の上り坂は登坂できたのですが、坂の途中から発進した場合には12%の上り坂は上ることができたのですが、20%の上り坂は上ることができませんでした。

 

 山間部の上り坂では、スタッドレスタイヤの車でも一度停止すると発進できなくなり、多くの車が立ち往生することが少なくありません。

 

 寒冷地に出かけるときは、スタッドレスタイヤを履いていても、いざというときに備えてタイヤチェーンを携行しておきましょう。

(シンク出版株式会社 2018.1.16更新)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。