道路外でバックするときも慎重に

 バックする前には後方の死角を十分に確認する必要がありますが、車が来ない道路外の敷地や誰もいないと思い込んでしまう場所では、安易にバックしやすいので注意しましょう。

 

 さる1月24日午後2時半ごろ、鹿児島県曽於市内の民家敷地内で、方向転換のためにバックしていた軽乗用車が車両の後に立っていた高齢女性に気づかないで衝突し、女性が死亡する事故が起こりました。

 

 軽乗用車を運転していた女性は被害者の妹で、姉を自宅に送ったあと市道に隣接する敷地内でバックして道路に戻ろうとしていました。女性は「姉が後ろにいることにまったく気づかなかった」と話しています。もう自宅に入ったと思い込んで、後方確認をしないままバックしたものと思われます。

 

 このように、運転者に思い込みがあると安全確認がすっぽ抜けることがあります。道路外の場所でもこのような事故の事例を思い起こし、慎重に後方の確認をするよう常に自分自身に対して言い聞かせるようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2018.1.30更新)

■バック時の危険に気づくことができる小冊子

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、一般的な駐車場や構内・コンビニ駐車場におけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図ることができます。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。