夜間の堤防道路では自転車に注意

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません

 さる1月7日午後7時ごろ、岐阜県笠松町の堤防道路を走行していた自転車が後ろから進行してきたワゴン車が追突され、自転車に乗っていた男性が死亡する事故がありました。

 

 ご存じのように、川の両側に設置してある堤防道路は、本来は洪水を防ぐものです。ですから、ガードレールや道路照明などの施設も十分ではなく、昼間はともかくとして夜間になると見通しは極めて悪くなります。

 

 一方、堤防道路を利用している自転車などは、路肩部分もあまり広くないことから、道路端を通っていると堤防下へ転落するおそれもあり、どうしても道路の中央寄りを走行しがちになります。

 

 そのため、運転者が少しでも油断していると、自転車を見落としてしまいます。

 

 夜間、堤防道路を走行するときは、見通しが悪いことを頭に入れ、積極的にヘッドライトを上向きにして、自転車や歩行者の発見に努めてください。また、堤防道路は下から上がってくる歩行者などもいますので、そういう人にも十分に注意しておきましょう。

(シンク出版株式会社 2018.2.2更新)

雪道・凍結道の事故を防止しましょう

小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

10月24日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。