右折は歩くぐらいのスピードで

 皆さん、右左折のときどのくらいのスピードで走行しますか?

 

 教習所で「歩くぐらいのスピード、つまり徐行」と習ったと思いますが、実際には時速20~30キロ程度の速度で安易に右左折していませんか?

 

 さる1月31日、広島市内の大きな交差点で、互いに右折しようとした運行中の路線バスと回送中のバス2台が衝突し、後続のバイクも巻き込まれて19人が重軽傷を負うという事故が発生しました。

 

 回送中のバス運転者は「並走するもう1つの右折車線を気にしすぎて前をちゃんと見ていなかったので、右折の際に大きく回りすぎた」と話しています。

 

 現場は右折矢印表示が出ていて、走行するコースさえきちんと見ていれば危険はなかったはずですが、バイクが追突して負傷しているところをみると、バスのスピードにも問題があったと思われます。

 

 交差点右折時は徐行が義務づけられていますが、これは対向車や右折先の横断歩道など確認すべきポイントが多く、危険を感じたらすぐに止まることが重要だからです。バスは徐行すべきでしたし、気になる隣車線を確認するときには停止して見る必要があったと思われます。

 

 右折時には「歩くぐらいのスピードで」慎重に行動しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.2.6更新)

■バス事業者のための点呼ツール

 単行本「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法から実際に点呼をする際に役立つ「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者様のための点呼ツールです。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険や安全運転ポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や、運輸規則等の改正もわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月18日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。