エンジンをかけるときは猫に注意

 JAF(日本自動車連盟)によりますと、今年1月1日~31日までに猫が原因で起こったトラブルで救援依頼が19件あったと発表しました。 

 

 駐車してある車のエンジンルーム内は、雨風もしのげるだけでなく、寒い日には暖を取ることができるだけでなく、暑い日には日差しを避けることができるため、猫などの小動物が入り込む事がよくあります。

 

 猫などの小動物であれば、車の下からエンジンルームへ簡単に侵入することができてしまいます。

 

 猫が安心して寝ているところに突然エンジンをかけると、ファンベルトに体が巻き込まれて最悪の結果につながることもあるということです。

 

 JAFでは、こうした悲惨な事態を避けるために、車に乗り込む前に「ボンネット付近をパンパン」とやさしくたたく事を推奨しています。

 

 駐車場付近でよく猫を見かけるという人は、ぜひともボンネットをたたくことを実践しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.2.27更新)

■安全管理の法律問題を解説した小冊子

 事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故における事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

10月23日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。