高速道路では路上に留まらない

最近のニュースを見ていますと、高速道路で歩行者がはねられる死亡事故が相次いでいますが、警察庁によりますと昨年1年間に高速道路上で走行車両にはねられて死亡した人は、全国で22人に上るいうことです。

 

 走行中に車が故障したり事故を起こして路肩などに停車し、車から降りて通報するために歩いている途中に後続車にはねられるケースが目立っています。

 

 停止車両の後方に三角停止表示板や停止表示灯を設置していないケースも多いということです。 

 

 ここで何度でも指摘をしていますが、高速道路を走行している車のスピードは想像以上に速く、一般道路とは比べ物にならないくらい危険です。

 

 故障や事故で路肩などに停止したら、安易に路上に出てウロウロしてはいけません。

 後続車に注意しながら、素早く三角停止表示板を後方に置き、速やかにガードレールの外側など安全な場所に避難して救助を要請することが重要です。

 くれぐれも、本線上に長く留まらないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2018.3.2更新)

■安全管理の法律問題を解説した小冊子

事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故における事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月17日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。