相手が大丈夫と言っても立ち去らない

 昨年12月18日夕方、神奈川県寒川町の町会議員が茅ケ崎市の交差点で赤信号を無視して進入し、横断歩道を渡っていた自転車の男子中学生をはねて全治3週間のケガを負わせました。

 

 3月1日、神奈川県警はこの町議を救助しないまま逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで書類送検をしました。

 

 町議は調べに対して「男子生徒に『大丈夫か』と尋ねたら『大丈夫』と答えたので、届け出る必要はないと思った」と説明しているそうですが、相手が大丈夫だと言ったとしても、その場から立ち去る理由にはなりません。

 

 交通事故を起こしたときには、ドライバーには警察官に報告する義務がありますし、相手が負傷していれば救護する義務があります。

 

 救護せずに立ち去れば当然「救護義務違反」に問われますし、この違反点数は「35点」と非常に高く、一発で運転免許取消しになります。さらには、最低3年間は免許を再取得できません。

 

 自転車や歩行者などと衝突し、相手が「大丈夫」といっても絶対に立ち去らないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2018.3.6更新)

■安全管理の法律問題を解説した小冊子

事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故における事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月17日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。