突然の突風に慌てない

気象庁提供
気象庁提供

 最近の日本の天候を見ていると、局地的に大荒れになる傾向があり、大雪、大雨、強風などに突然見舞われることがあり、車を運転する人は注意が必要です。

 

 さる4月8日午前11時半ごろ、新潟市の農道を走行していた軽乗用車が突風にあおられて道路脇にそれて横転し、2人が負傷する事故がありました。

 

 現場の近くでは木が折れていたり、建物のトタンの屋根が飛ばされる被害もあったということです。

 

 事故当時、新潟県内は上空に寒気が入って大気の状態が不安定となり、新潟市は午前11時半ごろに最大瞬間風速14・9mを記録していました。

 

 この程度の強風では、停止している車が横転するほどではないと思いますが、走行している車は強風にあおられてハンドルをとられたりします。

 

 そのとき、あわててハンドルを切ったりすると車体の重心が傾いて横転する危険が高くなりますので、慌ててハンドルを切らないようにしなければなりません。

 

 強風のなかを運転するときには、しっかりとハンドルを握り、スピードを落として走行してください。

(シンク出版株式会社 2018.4.13更新)

■災害時の対処法についてドライバーに教育しておきましょう

 ─忘れない!東日本大震災が教えてくれたこと

  

 教育用ビデオ「災害時、ドライバーはどう生き残るか」は、東日本大震災で被災したドライバーの証言や専門家の分析、実験映像などを交えた内容となっています。

 

 日本は災害の多い風土です。地震、津波による水没、大規模火災などの災害時・緊急時にドライバーはどういった事態に遭遇し、どう行動すれば危険を回避できるのか、わかりやすく解説しています。

(制作 斉藤プロダクション)

 

詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。