夜間、カーブの先に駐車している車に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる4月7日午前4時ごろ、長崎市内の国道を走行していたバイクが、路上駐車していたトラックに追突し、バイクを運転していた男性が死亡する事故がありました。

 

 事故の現場は、片側1車線の見通しの悪いカーブを抜けた直線区間で、トラックはゴミの回収作業中で、道路左側の路肩へ駐車していました。

 

 トラックはハザードランプを点灯させていましたが、バイクはほとんど減速しない状態で追突していたということですので、カーブの先にいた駐車車両の存在を直前になるまで認識できていなかったのではないかと思われます。

 

 夜間、見通しの悪いカーブを曲がる際には、ヘッドライトが前方しか照らしませんので、カーブの先はほとんど確認できません。

 カーブを曲がって直線区間に入ってくると、ヘッドライトも進行方向に向きますので、遠くの様子まで確認できるのですが、そのときは駐車車両がすぐ近くまで迫っていたということだと思います。

 

 夜間、見通しの悪いカーブを走行するときには、ヘッドライトが進行方向を照らさないということを頭において、スピードを落とすとともに駐車車両の存在を意識して運転してください。

 

(シンク出版株式会社 2018.4.16更新)

■悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「堤防道路」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。