コンビニ前の駐車車両の死角に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません。
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません。

 先日、北海道の札幌市でコンビニから勢いよく飛び出した7歳の男の子と車道を走行してきた自転車が衝突し、子どもに足の骨を折る重傷を負わせ、そのまま立ち去る事件がありました。

 

 コンビニに設置された防犯カメラの映像にその様子が映っており、コンビニの前には駐車車両があり、子どもはその前から車道に飛び出していました。

 

 自転車側からみると、駐車車両が死角となって飛び出してくる子どもがよく見えていなかったのではないかと思いますが、自転車もまったくスピードも落とさずにぶつかっており、子どもの飛出しを予測していない衝突ぶりでした。

 

 今や街中には至るところにコンビニがあり、その前の路上には駐車車両が止まっている状況は少なくありません。

 

 その駐車車両の側方を走行するときに、スピードを落とさずに通過するというのは、あまりにも危険に対する感受性が鈍いと言わざるをえません。

 

 コンビニの前に駐車車両があるときは、その死角からの子ども等の飛出しに注意してスピードを落として通過してください。

(シンク出版株式会社 2018.4.19更新)

■自転車との事故を防ぐ運転を心がけましょう

「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車が自転車と衝突する事故の代表的な事例を6つ取り上げています。

 事例ごとにドライバー、自転車利用者の双方にどのような過失があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができます。

 ドライバーの対自転車事故防止教育に最適です。

 

 また、自転車通勤の従業員など自転車利用者教育にも活用できる教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。