サイドミラーの接触を軽く考えない

 さる4月14日午前10時前、三重県伊勢市で路線バスが停留所に止まろうとした際、サイドミラーが道路脇の歩道に設置されていた高さ2.5mの石灯籠に接触し、はずみで灯籠の上の部分が落下して歩道を歩いていた81歳の男性の頭に当たり、死亡する事故がありました。

 

 バスの運転者は「灯籠があるのはわかっていたが、確認不足でぶつかってしまった」と話しているということです。

 

 バスに限らずどんな車でもサイドミラーは車体より外にはみ出していますので、狭い道で相手車両とすれ違うときにミラー同士が接触したり、商店街などを走行するときに歩行者などと接触することがあります。

 

 そのとき、運転者の意識としてはスピードを出していないから、またサイドミラーなら当たっても大したことにはならないという油断があり、それが確認不足を生んでいるように思います。

 

 いくらスピードを出していなくても、またサイドミラーといえども何かに当たると大きな衝撃が生まれ甚大な被害をもたらすことはこの事故が物語っています。

 サイドミラーの接触にももっと意識して運転してください。

(シンク出版株式会社 2018.4.23更新)

■ちょっとしたミスが大きな事故へと結び付きます

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。