未改修エアバックの車は車検が通りません

リコール改修告知のリーフレット(国土交通省)より
リコール改修告知のリーフレット(国土交通省)より

 リコールが通知されていた車を放置していると車検が通らないケースがあることをご存知でしょうか。

 

 すべてのリコールが対象ではありませんが、保安部品のような「車検検査該当項目」リコールの場合、そのままでは車検が通らないことがあります。

 

 もちろん、ディーラーなどに車検を依頼する場合、リコール案件を周知していてその機会に部品交換をすればよいことは多いのですが、最近話題になっているタカタ製のエアバックの場合は問題です。

 

 リコール改修をしなければ異常破裂する危険性が高いので、対象車両は5月1日以降は車検が通りません。 

 しかし、未改修のため車検で通さない措置の対象車両が84万台(2018年3月末時点)も残っていますので、エアバックを交換しようとしてもすぐに交換が実施できない場合も想定されます。

 

 あなたのマイカーは大丈夫でしょうか? 国土交通省は対象車種掲載のリーフレットを配布して改修を呼びかけています(年式、グレード等で対象外の可能性もあります)。

 今回の措置の対象となっていないかどうかの確認は、自動車メーカーに問い合わせるか、「車両リコール状況」検索システムを活用しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.5.1更新)

■安全管理の法律問題を解説した小冊子

 事業所の業務を行うにあたって、自動車の利用は欠かせないものになっていますが、そこには様々なリスクが存在します。

 

 本冊子は、6つのテーマを取り上げ、使用者責任や運行供用者責任といった事故における事業所の責任の解説をはじめとして、経営者や管理者として知っておかなければならない自動車の安全管理面での法律知識を清水伸賢弁護士が解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

10月23日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。