夜間、漫然とバイクに追従しない

ライトが1灯の場合は認識されにくい
ライトが1灯の場合は認識されにくい

 さる5月15日夜8時ごろ長崎市内を走行していた乗用車が原付きバイクに追突し、バイクに乗っていた男性が頭を強く打って死亡する事故がありました。 

 

 乗用車を運転していた男性は、「気がついたらバイクにぶつかっていた」と話しているということですので、バイクにあまり注意していなかった様子が伺われます。

 

 夜間、車を運転しているときにすぐ前をバイクが走行していると、その存在に注意が向かないことがあります。

 

 というのは、通常四輪車に追従して走行しているときには前の車は左右にテールランプが点灯していますので、2つのライトをみて車の存在を認識しています。

 

 ところが、二輪車の場合は後部にあるテールランプは1灯しかありませんので、追従しているドライバーは車がいると認識できていないことがあります。

 そのため、ついその存在を忘れたりするのです。

 

 夜間走行するとき、前にバイクが走行していたら、その動きから目を離さないようにして、十分車間距離をとって走行してください。

(シンク出版株式会社 2018.5.18更新)

■悪条件下の事故の危険に気づこう

 小冊子「悪条件下における事故防止のポイント」は、運転中に遭遇する「トンネル」「雨天」「夜間」「渋滞」「堤防道路」「山間部」といった悪条件下における事故防止を狙いとした教育教材です。

 

 それぞれの運転場面における注意すべきポイントを簡潔にまとめていますので、悪条件下における事故防止のポイントを簡単に理解していただくことができます。

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。