踏切の先にスペースがないのに進入しない

写真はイメージです。文中の事例とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事例とは関係ありません

 

 さる5月28日午前8時35分ごろ、徳島県小松島市にあるJRの踏切で、踏切内に立ち往生していた87歳の女性が運転する軽乗用車と普通列車が衝突する事故が起きました。

 

 警察によりますと、現場の踏切は警報機と遮断機が設置されていましたが、軽乗用車は前方が混雑しているのにもかかわらず踏切に進入して停止したところに遮断機が降りてきて閉じ込められたものです。

 運転していた女性は、他の運転者らが車から降ろしたため無事でした。

 

 踏切を通過するときに、前車が進入したからと安易に追従していく人は少なくありません。

 ところが、踏切を越えたところで前車が渋滞などで停止すると、自車はたちまち踏切内に閉じ込められてしまいます。

 

 踏切内で止まっても「列車が来るまでになんとかなるだろう」といった身勝手な考え方で進入するのだろうと思いますが、こうした運転をしているといつか踏切内に閉じ込められてしまいます。

 

 踏切を通過するときには、その手前では必ず一時停止を行い、踏切の向う側に自分が入るスペースがあることを確かめたうえで、進入していくようにしてください。 

 

(シンク出版株式会社 2018.6.5更新)

■低い安全意識が大きな事故に結びつきます

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月17日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。