高速道路の非分離区間では絶対にはみ出さない

 

 片側2車線の高速道路では、中央分離帯が設置されていますので滅多なことでは対向車線に飛び出すことはありません。

 

  しかし、高速道路の一部の区間には、片側1車線で中央分離帯が設置されていない暫定2車線区間があります。

 

 こうした区間では、ラバーポールと呼ばれるゴムのポールしか立っていませんので、簡単にセンターラインをはみ出して対向車と正面衝突する事故がよく発生しています。

 

 そのため、国土交通省では昨年度からラバーポールに代えてワイヤーロープを設置して事故防止効果を検証してきました。

 それによりますと、ワイヤーロープを設置した区間では対向車線への飛出し事故は1件しか起こらず、死亡者もゼロだったことから今後ワイヤーロープの設置を進めることにしています。

 

 ワイヤーロープの設置されると正面衝突事故は劇的に少なくなるとは思いますが、すべての非分離区間に設置されるのはまだまだ時間がかかります。それまでは自分自身でセンターラインをはみ出さないような運転をしなければなりません。

 

 高速道路の非分離区間では、絶対に対向車線にはみ出さないように慎重な運転をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2018.6.22更新)

■「駐車場・構内」における危険に気づくための小冊子

 駐車場や構内では思わぬ事故が発生することがあります。

 

 駐車場などでは、「見える危険」だけでなく「見えない危険」も予測して運転することで、事故のリスクを減らすことができます。

 

 本冊子は、駐車場や構内の倉庫といった5つの場面を見て質問に答えることで、それぞれの駐車場・構内において「見える危険」「見えない危険」をどれだけ把握できているかがチェックできます。また、自分自身の運転の危険性についても気づくことができる教育教材です。

 

 

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。