水没した車の始動は注意して

 今回の豪雨災害では、西日本を中心に各地で多くの方が洪水や土砂崩れの被害にあわれました。お見舞い申し上げます。

 

 河川が氾濫したこともあり、車が水につかったケースも非常に多いようです。

 

 以前も水害のときにお知らせしたと思いますが、車が水につかってしまった場合は、安易に近寄ったりエンジンをかけるのは危険だと言われ、国土交通省やJAF(日本自動車連盟)なども警戒を呼びかけています。

 

 車が流されたり水流で横転したときにバッテリーが損傷していて、電気が漏れて感電する危険があるからです。

 

 水がひき、消防などの担当者が安全と確認してから車に近づくようにしてください。ハイブリッドカーや電気自動車は大きな電池を積んでいるのでとくに注意しましょう。

 

 また、水がひいてもその場でエンジンをかけるのはやめたほうが得策です。エンジン本体まで水につかった状態では、配線などがショートしていて出火する例があります。

 

 たとえエンジンがかかっても、マフラーなどに水が入っていると排気ができないので、すぐにエンジン停止となりそのまま故障する場合もあります。

 

 無理にエンジンを始動しないで、整備関係者かロードサービスなどの専門家に見てもらうようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2018.7.10更新)

■災害時にドライバーはどうすべきか教育しておきましょう

 ─忘れない!東日本大震災が教えてくれたこと

  

 教育用ビデオ「災害時、ドライバーはどう生き残るか」は、東日本大震災で被災したドライバーの証言や専門家の分析、実験映像などを交えた内容となっています。

 

 地震、水没、大規模火災などの災害時・緊急時にドライバーはどういった事態に遭遇し、どう行動すれば危険を回避できるのか、わかりやすく解説しています。

(制作 斉藤プロダクション)

 

詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。