水を積んだワゴン車は慎重な運転を

 さる7月15日午前5時頃、岡山県備前市の山陽自動車道で横転したワゴン車に、後方から走行してきた大型トラックが追突し、ワゴン車に乗っていた男性4人がけがをする事故がありました。

 

 男性らは、西日本を襲った豪雨の被災地にボランティアに向かう途中で、ワゴン車が何らかの原因で横転したところにトラックが追突したとみられています。

 

 事故の原因は定かではないのですが、路上には水が入ったポリタンクなど救援物資が散乱していたということから想像すると、走行中に液体の影響を受けて重心が傾いて横転したのではないかと思います。

 

 車高の高いワゴン車はもともと重心が高くて不安定なのですが、そこに水などの液体を積んで走行していると、ちょっとした車の動きでもタンク内の液体は左右に大きく振動するため重心が移動し、横転することがあります。

 

 たとえば、いつもの感覚で車線変更をしたとしても、思っている以上に液体が外に寄せられて車体がふらつき、慌ててハンドルを戻そうとするとさらに重心が反対に移動して横転するのです。

 

 ワゴン車に液体を積んでいるときには、スピードの出し過ぎや急なハンドル操作をしないように慎重な運転をしてください。

 

(シンク出版株式会社 2018.7.25更新)

■バス事業者のための乗務員点呼ツール

 単行本「バス事業者のための点呼ツール」は、点呼の実施方法から実際に点呼をする際に役立つ「安全指導場面」を30場面収録した、バス事業者様のための点呼ツールです。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントや注意事項も、イラストがあればより具体的に危険や安全運転ポイントをイメージすることができます。

 

 また、近年改正された道路運送法や、運輸規則等の改正もわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月17日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。