アンダーパスを走行している自転車に注意

写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません
写真はイメージです。本文の事故とは関係がありません

 さる7月30日午前1時40分ごろ、大阪府堺市でJR線の下を通る片側1車線のアンダーパスを通行していた自転車が、後ろから走行してきたトラックが追突されて、乗っていた高齢男性が死亡する事故がありました。

 

 事故の現場のアンダーパスは、自転車の通行が禁止されており、道路両側には幅員が広めの歩道が設置されており、自転車はこの部分を走行することになっていました。

 

 車を運転していると、鉄道の線路の下や大きな交差点の下を通るアンダーパスを通行することがよくあります。

 

 アンダーパスの道路幅員は狭く、路側帯もほとんどありませんので、そこを走行するときのドライバーは道路端に歩行者が歩いていたり、前方を自転車が通行しているというイメージを持って運転している人はほとんどいないと思います。

 

 そのため、この事例のように実際に自転車がいると、どうしても発見が遅れることになります。

 

 アンダーパスを走行するときにも、自転車や歩行者がいるかもしれないという意識を持って運転するようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2018.8.10更新)

■災害時にドライバーはどうすべきか教育しておきましょう

忘れない!東日本大震災が教えてくれたこと

  

 教育用ビデオ「災害時、ドライバーはどう生き残るか」は、東日本大震災で被災したドライバーの証言や専門家の分析、実験映像などを交えた内容となっています。

 

 地震、水没、大規模火災などの災害時・緊急時にドライバーはどういった事態に遭遇し、どう行動すれば危険を回避できるのか、わかりやすく解説しています。

(制作 斉藤プロダクション)

 

 

詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月12日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。