ETCカードの抜き忘れに注意

 

 今年の夏は、例年にない猛暑が続いており、ETCの故障が多く発生しています。

 

 高速道路を走行していてサービスエリアに入ってエンジンを切ると、ETCの車載器から「ETCカードが残っています」と警告音がなります。

 そのとき、あなたはカードを「抜く人」でしょうか、それとも「抜かない人」でしょうか。

 

 夏場以外の季節では、どちらでもいいのでしょうが、車内の温度が上る夏場は故障の原因になります。

 

 ETCの車載機がどこに設置されているかにもよりますが、ダッシュボードの上などでは、かなりの高温状態のまま放置することになりますから、カードに埋め込まれたICチップと電極の接合部が壊れたりすることがあるためです。

 

 ETCカードは、熱にとても弱いということを頭に入れておいてください。

 ですから、SAなどで休憩するときは故障防止ためでなく盗難防止の観点からも「抜いておく」ことをおすすめします。

 ただし、再度乗車するときにカードの差し忘れには十分に注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2018.8.28更新)

■教育用DVD「ハイウェイで まさか!~高速道路に潜む危険~」

 高速道路では、さまざまな『まさか』の事態が発生します。突然のパンク、逆走車やいないはずの歩行者との遭遇など、予想もしない事態が重大な事故を引き起こすことがあります。

 シートベルト未装着やスマートフォンの使用による漫然運転が高速道路での惨事に結びつくことも少なくありません。

 

 このDVDでは、模範ドライバーが高速道路を走行する上で常に心がけている安全運転のポイントを、図解や実験映像なども織りまぜてわかりやすく示します。

 

 

 【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

9月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。