自転車が倒れたら救護を忘れない

 さる8月31日、東京都八王子市で男性会社員が運転する車が交差点を右折した際に、自転車に乗っていた女性に接触して転倒させましたが、救護することなくそのまま逃げたため、逮捕されたというニュースがありました。

 女性は、左腕を複雑骨折する大けがをしました。

 

 男性会社員は、「自転車が倒れたが当たったとは思わずそのまま立ち去った」と話しています。

 

 自転車との事故をみていると、この事例のように自転車と接触して倒れたにもかかわらず、当たったと思わなかったと逃げるケースが結構あります。

 

 自転車と接触したら結構大きな音がしますので、気づかないはずはありませんし、仮に当たってなくても転倒させたのなら、事故の原因の大半は車側にあります。

 

 にもかかわらず、事故の救護をせずに逃げたりすると、ひき逃げ(救護義務違反)に問われることになります。

 

 走行中に自転車と接触などして転倒させたら、そのまま立ち去らずに救護をしてください。

 救護義務違反の罰則は、決して軽くはありません。

 

(シンク出版株式会社 2018.9.6更新)

 

■2019年版 トラック・バス運行管理者手帳の発売を開始しました

※手帳にペンは付属していません。
※手帳にペンは付属していません。

 2019年版「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版よりカバーにペンホルダーと「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。