薄暮時は歩行者との事故多発時間帯です

 先日、警察庁が過去5年間の交通事故分析結果を公表しましたが、それによると日没前後の薄暮時間帯は、昼間にくらべて約4倍も車対歩行者の事故が多発することがわかりました。

 

 警察庁が2013年から17年に起きた死亡事故を分析したところ、1時間あたりの死亡事故件数(5年分の合計)は昼間が843.8件、日没前後の2時間(薄暮時間)が1,285件、夜間が718.4件でした。

 死亡事故を車と歩行者が衝突した事故に絞ってみると、昼間の167.7件に対し、薄暮時間帯は681.5件でしたから、約4倍となります。

 

 また、日没前と日没後の比較では、日没前より後の方が5倍以上多くなっています。

 歩行者事故の形態は86%が道路横断中のもので、このうち横断歩道上ではねられたケースが2割以上あります。

 

 さらに月別でみると、10月から12月にかけて多発することがわかりました。

 これから、日没時間がどんどん早くなり、買い物や交通量の多い時間帯が薄暮時間帯と重なってきます。

 

 ドライバーとしては早めにライトを点灯して、自車を目立たせるとともに、とくに横断歩行者の発見に務めることが重要です。

(シンク出版株式会社 2018.9.13更新)

■2019年版 トラック・バス運行管理者手帳の発売を開始しました

運行管理者必携の手帳

 2019年版の「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版よりカバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月18日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。