どんなときにウッカリしやすいか自覚しよう

 交通事故の多くは、無謀な運転が原因ではなく、安全確認を忘れるなどのウッカリ事故であることは以前もお話しましたが、それでは、私達はどんなときにウッカリしやすいのでしょうか。

 

 一つは、誰でも緊張が緩むとウッカリしやすくなると言えます。

 

 たとえば、会社の近くまで戻ってきて慣れた見通しのよい道路でホッとするとき、ついボンヤリと考え事をしながら走行したりします。

 

 大阪大学人間科学部の研究では、バス運転者の場合「回送中または乗客のいない空車中に」発生した事故が顕著に多い傾向を示したということです。

 

 分析対象事故のうち「乗客あり」の状態の事故が65.8%あり、「回送中または乗客のいない空車中」は34.2%でしたが、1か月間の回送距離が全体の14.9%であることを踏まえると回送中の事故リスクが高いことがわかりました。

 

 また、「乗客あり」に比べて「乗客なし」では加害事故の起こる傾向が2倍以上高いこともわかりました。研究では誰も乗っていない状態のときはバス運転者の気が緩み、事故のリスクが高まると分析しています。

 

 国土交通省のタクシー事故に関する調査でも、空車時の事故が圧倒的に多いという結果が出ています。仕事が一段落して、ホッと緊張が緩むときにこそ事故の危険が高いことを意識しておきましょう。 

(シンク出版株式会社 2018.10.10更新)

■2019年版 トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中です

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 2019年版の「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版よりカバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。