違反です!公道上のフォークリフト作業

 

 去る10月4日午後7時すぎ、山形県鶴岡市の市道で、荷物を積んだフォークリフトが道路にいた歩行者の女性(61歳)をはね、女性は1時間後に死亡しました。

 

 フォークリフトを運転していた会社員はトラックから降ろした商品をホームセンターの店内に運ぶ途中で女性をはねたもので、「積み上げた荷物で前が見えにくいまま走っていて、女性に気づかなかった」と供述しています。

 

 作業していた会社員がバックで後方を注意しながら進んでいれば、事故は防げたかも知れませんが、本来、フォークリフトをこのように公道上で作業に使用するのは違法です。

 

 フォークリフトもナンバープレートを取れば、車両として道路上を移動できますが、その場合は爪(フォーク)の部分を縛って覆い、危険のないようにして移動することができるだけです。

 

 災害の復旧などのため、どうしても道路上においてフォークリフト作業を行う必要がある場合は、特別に警察署の許可を取って実施します。

 通常行う商品の上げ卸し等は、トラックを構内に止めて行うべきです。

 

 しかし現実には、会社の前の路上で作業をしている姿をよく見かけます。

 公道上でのフォークリフト作業は非常に危険を伴う違反行為であることを自覚し、構内で使用しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.10.18更新)

■フォークリフトオペレーターのための教育資料

 この冊子では、フォークリフトと歩行者との接触や荷崩れなど、荷役作業中に発生した事故事例を6場面取り上げ、それぞれの事故の原因を分析して、オペレーターが陥りやすい落とし穴を解説しています。

 

 また、危険回避のキーワードとして、知っておきたい知識をイラスト・写真などで解説しています。

 

 巻末には「知って得するフォークリフトの知恵」として、「ナンバーを取っただけでは公道を移動できるだけで、荷役作業をすることができない」など、オペレーターとして押さえておきたい知識を紹介しています。

 

詳しくはこちら

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月11日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。