発進時はすぐにアクセルを踏み込まない

 

 さる10月15日午前10時半前、千葉県館山市にあるスーパーマーケットに74歳の女性が運転する乗用車が突っ込み、店にいた店長と女性従業員が軽傷を負う事故がありました。

 

 運転していた女性は、「ギアの操作を誤ったまま、アクセルを踏み込んでしまった」といった話をしているということです。

 

 ギア操作を間違って事故を起こす事故はよくありますが、そのほとんどは、ギアを入れるとすぐにアクセルと踏み込んでしまうケースがほとんどです。

 

 たとえば、バックするつもりでシフトレバーを「R」レンジに入れようとしたところ、うっかり「D」レンジに入れてしまうことがあります。そのとき、すぐにアクセルと踏んでいると、車は勢いよく前に進むことになり、ドライバーはびっくりしてしまいます。

 

 間違った方向に行ったときに、すぐにブレーキを踏むことができればよいのですが、ドライバーは往々にしてパニックになることがあり、さらにアクセルを踏んだりするのです。

 

 発進するときは、すぐにアクセルと踏むクセがある人は要注意です。車が動いてからアクセルをゆっくり踏む習慣を身につけましょう。

(シンク出版株式会社 2018.10.26更新)

■運行管理者手帳を好評発売中です

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 2019年版の「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より手帳カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。

 

  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。