コンビニワープは危険です

 皆さんは、「コンビニワープ」という言葉を聞いたことがありますか?

 聞いたことがない人でも、言葉の意味を考えればだいたいわかると思います。

 

 ワープとは、SF用語で空間を飛び越えて瞬間移動する意味で使われますので、コンビニワープとは交差点の角にあるコンビニの駐車場をう回路に使って、別の道路に出ていく行為を差しています。

 

 たとえば、左折しようとする交差点の手前で信号が赤になると、交差点の左角にあるコンビニの駐車場に入って斜めに抜けて(ワープして)、交差する車道に合流するのです。

 コンビニ以外にセルフ式のガソリンスタンドなどでも、こうしたワープ走行が見られます。

 

 わずかな信号待ち時間を嫌って駐車場を抜けるのでしょうが、駐車場にいる歩行者や車などは駆け抜ける車を予想していませんので、事故の危険性が非常に高くなります。

 

 交差点を左折するときには、左角にコンビニ駐車場がある箇所は多くありますが、こうした場所では絶対に通り抜けないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2018.10.30更新)

■点呼のノウハウをわかりやすく解説したDVD

 毎日の「点呼」は安全運行を確保するためには欠かせませんが、いざドライバーと向き合ったときに何を話したらいいのか、戸惑う管理者も少なくありません。

 

 このDVDは、「点呼」での確認ポイントを管理者とドライバーのやり取りによって具体的に紹介していますので、毎日の点呼を的確に行うために参考にしていただくことができます。

 

 乗務前点呼はもちろん、乗務後点呼や中間点呼まで管理者が忘れてはならないチェックポイントを理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。