交通誘導員の存在を予測しよう

画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません
画像はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 工事規制などの標識を見かけたら、前方で片側通行規制などが実施され、交通誘導や作業をしている人の存在を予測して走行することが大切です。

 

 去る10月29日午後1時半ごろ、石川県志賀町の自動車専用道路のトンネル手前付近の路上で、片側交互通行の交通誘導をしていた男性(40歳)が走ってきた普通乗用車にはねられ死亡する事故が発生しました。

 

 現場の手前では、電光掲示板で片側交互通行を運転者に告知していたほか、はねられた男性の手前でも旗を振って減速を指示する誘導員がいました。

 

 昼間の明るい時間帯ですので、誘導員を見落とす危険は少なかったはずです。乗用車の運転者は、よほどボーっとして前方に集中しないで走行していたのではないかと思われます。

 

 規制を知らせる標識や表示板を見かけたときは、軽視しないで早めに減速して前方に注意し、誘導員や工事の作業者などの存在を予測して運転しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2018.11.1更新)

■運行管理者手帳を好評発売中です

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 2019年版の「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 2018年版より手帳カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。

    

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。