犬が飛び出してきても急ハンドルは避けよう

 さる12月17日午前9時25分頃、三重県伊勢市内の道路を走行していたこども園の送迎バスが、道路左側の民家のブロック塀に衝突してバスに乗っていた園児数人が顔を打つなどの軽傷を負う事故がありました。

 

 バスを運転していたドライバーは、「飛び出してきた犬を避けるためハンドルを切った」と話しています。

 

 車を運転しているときに、犬などの動物が道路に飛び出してくることがあります。

 

 そのときドライバーの判断としては、犬との衝突を避けるには急ブレーキを踏むかハンドルを切って避けるか、どちらかの判断を迫られます。

 

 いずれにしても、バスのなかには園児が乗っており、「急な操作」をしないことがポイントになります。

 

 状況にもよりますが、急なハンドル操作をするよりは急にならない程度の強めのブレーキを踏んで園児を守り、犬と衝突しても仕方がないくらいの気持ちで操作するほうが無難です。

 

 動物が飛び出してきたら、急なハンドル操作をして、路外に飛び出したり障害物に激突するよりも、速度を落として衝撃を和らげる意識を持ちましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.1.10更新)

■交通の危険を認識して事故を防止しましょう

 あなたは危険な運転行動を「危険」と認識できていますか?

 

 自己診断テスト「事故を防ぐ危険認識度チェック」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくだけで、事故を防ぐために大切な「危険認識度」をつかむことができます。

  「運転行動を変えるとき」や「死角に対する危険認識」など6つのパターンに分析しますので、どういう状況での危険認識度が低いかを確認できます。

 

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。