幼児のいる場所では死角の確認を

 

 背の低い幼児は車のボディがつくる死角に隠れやすく、家族の車などにひかれる事故がときどき発生しています。

 

 さる1月24日午前7時35分ごろ、大分市にある保育園の駐車場前で、母親の車から降りて歩き始めた2歳の女の子が、保育園の駐車場から出てきたワンボックスカーにひかれて死亡する事故が発生しました。

 

 女の子をひいた車を運転していたのは他の園児を送ってきた保護者でした。

 自分の子どもを園に送って、これから出勤するところだったのでしょう。

 

 ワンボックスカーはボディの死角が大きいのと、朝の送迎時間帯で車が混み合いそちらに意識が向いていて自車のすぐ近くを見にいこうとしなかったため、背の低い幼児を見落としてしまったのだと思われます。

 

 生活道路や駐車場、学校・保育園などの前で車を動かすときは、車の周りに小さな歩行者がいる可能性が高まりますので、常にボディの死角に子どもが隠れている危険をイメージし、念入りに確認してから発進するように心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2019.1.28更新)

■交通の危険を認識して事故を防止しましょう

 あなたは自分の危険な運転行動を「危険」と認識できていますか?

 

 自己診断テスト「事故を防ぐ危険認識度チェック」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくだけで、事故を防ぐために大切な「危険認識度」をつかむことができます。

  「運転行動を変えるとき」や「死角に対する危険認識」など6つのパターンに分析しますので、どういう状況での危険認識度が低いかを確認できます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月26日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。