吹雪の中でも歩行者の存在を予測しておこう

写真はイメージです。文中の事故事例とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故事例とは関係がありません

 各地で冷え込みのため、雪の舞う場所が増えています。

 

 雪が降ってくると、路面状態が悪化しスリップの危険があるだけでなく、視界も悪化しますので速度には十分に注意してください。

 

 雪の舞うような寒さになると、外を出歩く人は減りますが油断は禁物です。

 

 さる1月26日午後6時半ごろ、滋賀県東近江市の県道で雪をとかす融雪剤を道路に散布していた70歳の男性が、20代の女性が運転する軽乗用車にはねられて、意識不明の重体となりました。

 

 運転していた女性は「当時、雪が降っていて普段より見通しが悪く、発見が遅れた」などと話しています。「こんな寒い雪の降る夕方に、出歩いている人はいないだろう」という気持ちもあったのかもしれません。

 

 雪の中で前方が見えにくいときは、フォグランプを使うと少し見えやすくなりますが、いずれにせよ視界の悪いときには、見える範囲で止まれる速度に落として慎重に運転しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.1.30更新)

■雪道・凍結路の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月9日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。