追突されたら、運転を続けない

 

 不幸にして追突事故にあったとき、追突の衝撃が大したことはないと感じても、運転を続けると危険な場合がありますので注意しましょう。

 

 さる2月19日午前8時半ごろ、三重県四日市市伊坂町の東名阪道・四日市ジャンクション付近で、大型トラックが渋滞で止まっていた車6台に衝突し、炎上する事故が起こりました。

 

 衝突したトラックドライバーは意識がもうろうとした状態で、病院で調べたところ脳内出血が見つかりましたが、実は炎上事故の数分前に別のトラックに追突されていたことがわかり、その衝撃で脳内出血を起こし、そのまま運転を続けて衝突したものと思われます。

 

 トラックドライバーは「何も覚えていない」と供述し、追突された影響で意識がもうろうとして運転した可能性が高いとみられています。

 

 追突されるような事態に遭遇したとき、自分で制御できない場合は仕方ありませんが、もし大丈夫だと感じても過信しないで、安全な場所に車を止めて様子をみるように心がけましょう。

 

(シンク出版株式会社 2019.2.25更新)

■危険・迷惑な運転をしていませんか

 最近、他の車をあおったり、運転中にスマートフォンを操作したり、通行禁止道路を走行して重大事故を起こすなど、「ドライバー失格」と言える行為が目立つようになり、取締りや罰則が厳しくなる傾向にあります。

 

 この冊子では、代表的な危険・迷惑運転を取り上げ、その罰則の重さと、運転上の注意ポイントを解説しています。 

 

 ドライバー向けのセルフチェック欄も設けていますので、自分が無意識のうちに危険・迷惑運転をしていないかチェックすることができます。今、事業所にとって運転者教育に最適の小冊子です。

 

  

【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。