病気から復帰した人は慎重に運転しましょう

 皆さんのなかには、働きながら病気の治療をしている方もおられると思います。入院などを終えて職場に復帰した時、無理をしないことが大切ですが、これが意外に難しいそうです。

 

 「仕事と治療の両立支援」を専門に研究している北里大学医学部公衆衛生学講師の江口尚医学博士が各地の労働局などで行った講演の内容によると、仕事に戻りたいと考える人は、十分回復していなくても気力だけで職場復帰を急ぐ傾向にあり、本人も周りも「大丈夫」と過信して、結果的に失敗するケースが少なくないということです。

 

 江口氏は、集中力を持って仕事に取り組むことができるという「知力」、所定労働時間を働ける「体力」、「気力」の3点がそろっているか、主治医とよく相談してから職場に戻るべきである、と述べています。

 

 実際には職場の要請や本人の事情等があり、3つが万全にそろうまで待つのは難しいことが多いと思われます。けれども、いきなり「大丈夫」ではなく、ハンディがある点を自他ともに認めて仕事をすることが大切です。

 

 とくに運転業務は体力、知力、気力の3点ともに重要ですので、少しずつ慎重に業務を再開し、無理をしないように努めてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.3.5更新)

■ドライバーの健康管理は安全運転確保の基本です

 小冊子「健康管理と安全運転」では、ドライバーの健康管理が徹底されていなかったために発生したと思われる、健康起因重大事故など6つの事例をマンガで紹介しています。

 

 各事例のマンガの右ページでは、垰田和史 滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

 ドライバーに健康管理の重要性を自覚させるには最適の小冊子です。

 

 【詳しくはこちら

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。