新入学児童の「飛出し」に注意

 4月に入り、新入学シーズンを迎えました。警察庁では平成26年から30年までの5年間の事故統計から、歩行中の児童の交通事故の発生状況を発表しましたが、その中から小学校1年生の特徴をいくつか紹介します。

 

 一つ目は、小学校1年生の歩行中の死者、重傷者数が6年生の約3.6倍高くなっているということです。それだけ、交通社会に慣れていないうちに事故にあっているということだと思います。

 

 総体的に学年が低いほど歩行中の事故の割合が、学年が高くなると自転車乗用中の事故の割合が高くなっています。

 

 また、時間帯でみますと2つのピークがあり、朝の登校時の7時台と下校時と帰ってからの遊びの時間帯である15時~17時台が多くなっています。

 

 法令違反別にみますと、「飛出し」と「横断違反」で約6割を占めていますので、安全を確認しないで路上に急に飛び出してきたり、横断歩道外を横断してくる児童に注意が必要です。

 

 こうした特徴から、学校付近の道路を登下校の時間帯に走行するときに、小学校低学年の児童を見たら「飛出し」に注意し、絶対に油断をしないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.4.4更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかに気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月26日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。