液体を積載しているときは遠心力に注意

 さる4月11日午後1時半ごろ、香川県高松市内の交差点を走行中のトラックの荷台から、過酸化水素水が入ったポリタンクが落下し過酸化水素水が漏れ出す事故がありました。

 

 過酸化水素水は、濃度によっては爆発したり、触れると皮膚がただれたりする危険な液体で、消防などが過酸化水素水が漏れた田んぼや側溝から土を取り除いたり、中和剤で処理する作業に追われました。

 

 液体を積んで走行するとき、タンクの液体は常に左右に振動しています。したがって、液体が動く力で車が曲がる方向と反対に揺り戻す力が働き、右に曲がろうとすれば左に引っ張る遠心力が強く働いて、横転する可能性が高くなります。

 

 この事例のように、横転するまで行かなくても固縛の仕方が悪ければ、タンクが荷台から落下することもあります。

 

 液体を積んでいるときは、交差点やカーブ等を曲がるときには予想以上に遠心力が大きく作用することを頭に入れ、手前で十分にスピードを落とし、慎重なハンドル操作やブレーキ操作を行うようにしてください。

(シンク出版株式会社 2019.4.16更新)

■国土交通省告示の指導監督をドライバー用にマンガとキーワードで解説

 

「運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」は、 平成29年3月12日に施行された「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針」の新しい12項目に基づいて構成されています。

 

 part1・2同様にイラストで図解されたわかりやすい教材です。すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録として保存するのにも最適です。

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。