高さ制限を意識して運転をしていますか?

写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係がありません

 さる4月15日の午前8時半ごろ、大阪市淀川区内の高架下の道路でトラックに積まれていた重機がJR京都線の橋げたに衝突する事故がありました。

 

 事故現場の橋げたには、3.1mの高さ制限がありましたが、トラックに積まれていた重機は、この制限を超えていたものとみられています。

 

 高さ制限がある道路は全国に数え切れないほどあり、そこに衝突する事故が絶えません。

 

 その原因としては二つあります。一つは自分が運転している車の車高を意識していないこと、もう一つは高さ制限がある場所にある標識を意識していないことです。

 

 ですから、ドライバーがこのうちの一つでも意識していれば、橋げたに衝突する事故は起こりません。

 

 高い荷物を積んだときには、出発前に荷物の高さがどれくらいなのかを確認しておくことと、その高さを下回る制限がある所には絶対に入らないようにしてください。

 

 また、走行ルート上に高さ制限がある箇所があるかを事前に確認し、通行できない場合には迂回することも重要です。 

(シンク出版株式会社 2019.4.25更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故の原因の多くはドライバーが感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。