車内温度の上昇に注意しよう

 

 最近の気象の変化には、なかなかついていけないと思っておられる方も多いのではないかと思います。

 寒い日があったかと思えば、次の日は夏日を超えるということも珍しくはありません。

 

 こういうときに注意していただきたいのが、車内温度の上昇による子どもの脱水症状や熱中症です。

 

 外気温があまり上がっていない日に買い物などに行き、子どもが寝ていると、つい車内に子どもを残しても大丈夫だろうと思ってしまいがちです。

 

 ところが、外気温が低くても車内の温度は驚くほど高温になってしまいます。

 JAFが行った実験では、最高気温が23度と比較的過ごしやすい日だったのですが、車内の温度は50度近くまで上昇していますし、車内に置いていた缶入り炭酸飲料が破裂するなどしています。 

 

 毎年この時期になると、子どもを車内に残して熱中症になって救急車で運ばれたニュースが報道されます。

 外の温度が低いと思っても、車内は短時間のうちに高温になるということを頭に入れ、絶対に車内に子どもを残さないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2019.5.9更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故の原因の多くはドライバーが感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月22日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。