走行中にシートベルトを外さない

 さる5月15日午前7時40分ごろ、札幌市北区の交差点を左折したトラックが歩道に乗り上げ、街路灯をなぎ倒す事故がありました。

 

 事故を起こしたドライバーは「交差点を左折し、シートベルトを外したところ、金具がハンドルに絡まり、制御を失って街路灯に突っ込んだ」と話しているということです。

 

 運転者が車を運転するときには、シートベルトの着用が義務づけられていますが、なかには動き出してからシートベルトを締めたり、この事例のように車が停止する前にシートベルトを外してしまう人がいます。

 

 いずれの場合も、スピードがあまり出ていないので油断しているのだと思いますが、車が動き出してから着用するとバックルをはめ込むときに「わき見」になりますし、ハンドル操作も正確に行うことができません。

 

 また、止まる前にシートベルトを外すと、珍しいケースだと思いますがハンドルに絡む危険もあります。

 この事例でも、車が止まってからシートベルトを外していたら、たとえ金具が絡まっても事故にはならなかったと思います。

 走行中にシートベルトは絶対に外さないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2019.5.24更新)

■あなたは感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故原因の多くは、ドライバーが自分の感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭のチェックリストにより普段の運転ぶりを自己診断することで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 そして本文では、マンガやイラストを多用した解説により運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

 

 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月9日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。